会津長門屋の3大名物を紹介。店舗情報と行き方。

https://remifuku.com

福島の観光・レジャー

会津長門屋の3大名物の魅力を紹介。店舗情報と行き方も。

投稿日:

160年続く、会津若松の老舗菓子店「本家長門屋」。

わたしが福島県に住むようになってから、一度は行きたいと思っていたお店なんです。

念願かなって長門屋本店に行く機会があったので、その魅力と店舗情報を熱くお伝えしますね。

スポンサーリンク

 

長門屋の3大名物

長門屋で扱う数あるこだわりの和菓子の中でも、特に有名で多くの人に愛されている商品3つ紹介します。

  • 羊羹ファンタジア
  • 香木実(かぐのきのみ)
  • 貝千年(かいせんねん)

どれも見た目に美しく、こだわりのつまった最高級のお菓子です。

 

贈り物やお祝いごとにぴったりの「羊羹ファンタジア」

羊羹ファンタジア

羊羹のイメージをくつがえす、華やかで物語のある羊羹ファンタジア

切り分けるごとに移り変わる絵柄は「現代のホールケーキのように楽しんでもらいたい」という思いから作られたもの。

長門屋の羊羹ファンタジアの絵柄の移り変わり

月が三日月から満月に変わり、止まっていた鳥がだんだん羽ばたいていく。

大切な人のお誕生日や記念日みんなで集まるお祝いにぴったりの一品です。

れみふく
実はわたしが長門屋を知ったきっかけが、この羊羹ファンタジアなんです。

一目見たら心を奪われてしまう美しさでありながら、味も抜群で感動しました。

羊羹ファンタジアについての熱いレビューはこちらの記事で読めます。

【関連記事】
>>「長門屋の羊羹ファンタジアは美しさと味の良さを兼ね備えた究極の一品!」を読む

 

お茶の席や手土産にぴったりの「香木実」

 

View this post on Instagram

 

greenkamimeboukiさん(@greenkamimebouki)がシェアした投稿 -

香木実(かぐのきのみ)は、鬼クルミを上質な餡で包んで表面に黒砂糖をまぶした一口菓子です。

2018年4月にぐるなび接待のお土産「特選」に選ばれるなど、高く評価されている一品。

チョコレートのトリュフのような見た目に、こだわりの鬼クルミとこしあんのコクが意外性もあり、上品なおいしさと評判です。

ひとくちでつまめるので、お茶会の席に人気。

また、木箱のパッケージが立派で手土産やお遣い物にも最適です。

 

おひな祭りや結婚式の引き出物にぴったりの「貝千年」

 

View this post on Instagram

 

naoさん(@naoko.asa)がシェアした投稿 -

本物の貝の中に、貝をかたどった和三盆が入っている貝千年(かいせんねん)。

素敵な演出ですよね!

つかわれている貝は天然のハマグリで良縁の縁起物でもあるので、結婚式のお祝いの席によく合う和菓子です。

また、かわいらしい和三盆はひな祭りのお祝いにもぴったりですね。

スポンサーリンク

 

店舗情報

長門屋は、1848年に会津藩主から庶民の菓子作りを命じられたことで開業した老舗和菓子店です。

「会津駄菓子」発祥の地である長門屋本店と、蔵造りの新店舗である七日町店の2店舗があります。

車で行きやすい、長門屋本店

会津長門屋 本店

会津長門屋 本店

長く地元の人に愛され続けている、長門屋本店。

昔ながらの座売り(畳敷きの台の上に販売員が座って販売をすること)でとりしきる店内は、さすが老舗の風格が漂っています。

店舗横に駐車場が設けられているので、車で行きやすいです。

また、 JR只見線(ただみせん)の西若松駅から徒歩約8分と、電車で訪れる人も行きやすい立地です。

長門屋本店基本情報

住所 〒965-0865
福島県会津若松市川原町2-10
電話番号 0242-27-1358
営業時間 9:00~17:00
定休日 年末年始を除き年中無休
駐車場 小型車10台
公式HP http://www.nagatoya.net/home

 

長門屋本店の駐車場

長門屋本店の駐車場

向かってお店の左側にあります。

店舗横のスペースが駐車場となっています。

公式HPでは小型車10台とありますが、車が2台横に並ぶといっぱいのスペース奥行のある形をしているのでわかりずらいかもしれません。

実際にわたしが行った時、奥に車が何台か停まっていたり、荷物をおろす作業をしている配送車などもあり、停めていいのか迷いました。

お店の方に確認すると、停まっている車の前に停めていいとのことだったので、安心して停めましょう。

 

会津の街歩きの途中で立ち寄りたい、カフェスペースのある七日町店

長門屋七日町店のある七日町通りは、会津観光で人気の七日町通りにあります。

モダンな洋館や蔵などの歴史ある建物を利用したお店が立ち並ぶエリアなので、街歩きを楽しみながら立ち寄れますね。

長門屋七日町店も、蔵造りで大正ロマンを感じさせる店構え。

お茶を飲みながらくつろげるカフェスペースもあるので、ちょっとした休憩にもおすすめです。

JR只見線の七日町駅から徒歩約1分と、電車で行きやすいのもポイント。

駐車場はないので、車で行く場合は近くの有料駐車場を利用するようにしましょう。

 

長門屋七日町店基本情報

住所 〒965-0044
福島県会津若松市七日町3-30
電話番号 0242-29-7070
営業時間 9:30~17:30
定休日 年末年始を除き年中無休
駐車場 無し
※近くに有料駐車場あり
スポンサーリンク

 

まとめ

地元の人々に長く愛され続け、今もなおこだわりのお菓子でわたし達を魅了する会津長門屋。

福島県の会津若松に訪れるなら、ぜひとも足を運びたいお店です。

今回紹介した3大名物のほかにも、「くるみゆべし」や、会津の縁起物である起き上がり小法師をかたどった「起き上がり最中」など人気の商品がたくさんあります。

きっとあなたのお気に入りが見つかりますよ!

-福島の観光・レジャー
-

Copyright© てんままらいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.