転勤族ママの働き方 読んだ本の紹介

専業主婦でもマーケット感覚を身につければ売れるものはある!

投稿日:2016年2月24日 更新日:

マーケット感覚を身につけよう
ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』を読みました。

題名だけ見るとビジネス書っぽいんですけど、これはぜひ専業主婦の方にも読んでほしい。特に私のように転勤族で専業主婦、自分が売りにできるスキルって何だろう、と模索している人はぜひ!!

マーケット感覚が身につくとどうなるの?

まず「マーケット感覚って何よ?」ってところからですよね。

本書の至るところで「マーケット感覚」について具体例を挙げて説明してくれているんですが、序盤に主婦を例にとった話が出てきます。主婦の私にとっては実に身近に感じられる話で、しょっぱなからぐいぐい話に引き込まれました。

引用をのせておきますね。

長く仕事から離れていたため、パートやアルバイトしか職が見つからないと嘆く専業主婦の人がたくさんいます。その一方、主婦スキルを最大限に活かし、キャラクター弁当作りのレシピ動画作成、収納のカリスマアドバイザーや、しつけや教育コンサルタントとして一般の会社員以上に成功する人もいます。

この専業主婦と元専業主婦の違いは、価値あるスキルの差でしょうか?そうではなく、主婦業を通して身につけたスキルが、「誰にとってどんな価値があるのか、見極める能力」に、差があるのではないでしょうか?

引用元:マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

家事をすべて請け負って子どもを育てている専業主婦ってとても誇れることをやっていると私は思っています。だけど、それではお金にならないのは事実。「価値がある」=「儲ける」ってことではない(ちきりんさんも本の中で言っています)ですが、自分の中にある価値が世の中に評価されて収入になるとしたらすごくうれしいですよね。

「誰にとってどんな価値があるのか、見極める能力」すなわち「マーケット感覚」を身につけるって大事なことだなって思いました。

自分にとっては何でもないこと、普通にこなせることが誰かにとって価値のあることで対価が発生するほどのことかもしれない。これって、すごくわくわくします!マーケット感覚を身につけることで、自分の世界が広がりますよね。

市場と価値とマーケット感覚

自分の将来、子どもの将来にも役立つマーケット感覚

今の社会は市場化されているのでマーケット感覚を持つことが必要ってちきりんさんは言っています。

例えば、今までは「いい大学に入って医者や弁護士などの国家資格を取る。または大企業に就職する。」ことがいいキャリアだとされてきました。

でも今は違います。いくら国家資格をとったって、その資格が社会で求められていなければ仕事はないんです。

国の政策によって弁護士の有資格者は増えたけれど、アメリカと違って日本人はトラブルがあっても簡単に訴訟を起こしたりはしません。だから仕事の取り合いになってしまうんです。
国家資格の有資格者の数は国が操作できるけど、社会という市場で求められることまでは操作できませんから。

自分のキャリアもそうですが、これから社会に出て働く子どもにこういうことを教えてあげられる親になりたいですね。もちろん子どもは自分で学んでいくでしょうけど、家庭で触れる親の考えが子どもに与える影響は大きいと感じています。

ここまですごくまじめな話になっちゃいましたけど、婚活の話も面白かった!

イケメンで性格もいいんだけど高卒で年収が500万円以下の男性。見た目では勝負できないんだけど、国家資格を持っていて年収が1000万円以上の男性。

この人達が結婚相手を探すときに向いているのは、合コン!?それとも結婚相談所!?

自分の価値がわかるようになると、自分がどこで戦ったら勝率が上がるのかがわかるようになるというお話。

自分を活かす場所がわかるようになるって、世の中を生きていくのにとっても役立つと思いませんか。

よーし、マーケット感覚を身につけるぞ!

このマーケット感覚って生まれもった才能ではなくって、身につけられるものなんですって。

本ではマーケット感覚を鍛える5つの方法が紹介されています。
その中で私が特に気になったこと。それが「失敗と成功の関係を理解する」です。

成功ってうまく失敗を避けていくことではないんです。

失敗をしたらそこから学んだことを活かして何度もチャレンジする。それが成功につながるのです。

マーケット間隔を鍛える方法
学びには「正しい方法を学ぶ」「実践して経験をつむ」の2種類があります。
正しい方法を学ぶというのは、学校や本などで知識を得ること。大事なことだけど、これだけやって満足している人が多い。

実践して経験をつむことをしないと成功につながる学びにはならないのです。マーケット感覚を鍛えるための実践だったら、実際に市場でものを売ってみることですね。

フリーマーケットで何か売ってみるとかね。なんでもいいんです。

この「失敗と成功の関係」ってマーケット感覚を鍛えるだけじゃなく、すべてのことにあてはまりますよね。私、自己啓発本好きなんですが、いろんな本でもよくでてきますもん。

それだけ大事なことなんだけど、実践できる人って少ないんだなと感じます。

私もこの本を読んで正しい方法を学んだわけですから、次は実践で学びを得ないとですね!

さて、どこで実践して経験をつむか。
noteというウェブサービスにはまっていまして、ここで実践を積みたいなと考えています。noteていうのは文章や写真、イラスト、音楽などを投稿できて、クリエイターと読者をつないでくれるサービスなんです。ブログとしても、SNSとしても使えて、自分の作品を販売できるんですよ!

面白いですよー。私はまだ無料コンテンツしかつくってないんですが、有料コンテンツもやってみたいなと思っていて。それこそ、専業主婦の方でも何かしら売れるものって自分の中にあると思うんですよね。

見ているだけでも面白いので、ぜひのぞいてみてください。私はこんな感じでブログの裏話とか、子どもの成長を記録したりしてます。

そして、ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読んで自分の価値を探してみませんか?

最後に

いやー、面白い本に出合えました。もう、書いてて熱くなってきちゃったくらい。

いつものように図書館で借りてきたんですが、家に置いておくように買ってもいいかなと思っています。

「子育て中こそ図書館を利用すべき!予約サービスや子育て支援をフル活用する方法」でも書いたのですが、私は図書館大好きでかなり活用しているんですね。なので気になった本はまず図書館で予約します。読んでみてとっても気に入ったら購入する。

人気の本はなかなか予約の順番が回ってこないので、電子書籍で安くなっていたらそっちで買ってしまうこともありますね。このあたりの活用法も今度記事にしてみたいと思っています。

それでは☆

-転勤族ママの働き方, 読んだ本の紹介
-

Copyright© てんままらいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.