転勤族のための引っ越しチェックリストはこちら>>

ヤマハ音楽教室幼児科でかかるお金。月謝や教材費など2年間で実際にかかったのはいくら?

ヤマハ音楽教室幼児科でかかるお金。月謝や教材費など2年間で実際にかかったのはいくら? 子育て

ヤマハの音楽教室の幼児科コースって、実際はどれくらいお金がかかるのかしら?

そんなお悩みに、幼児科を卒業したての娘を持つわたしがズバッと答えます。

●ヤマハ幼児科(1回1時間のグループレッスンを年間40回行う、2年間のコース)
●在籍期間は2019年5月~2021年4月

この条件で実際にどれくらいの費用がかかったのかをまとめました。

スポンサーリンク

2年間で実際に払った金額の合計

2年間のヤマハ音楽教室の幼児科でかかった費用の合計は、229,128円でした。

(わが家が通った2年の間に、コロナウィルス感染症対策として休講措置のとられた期間がありました。その間は月謝は発生しなかったのですが、もしその期間も通常通りにレッスンがあったら、という仮定で算出しています。)

この費用の内訳を表にしてみますね。

月謝8,100円/1カ月 (24カ月分)
教材費初回8,208円
5,940円×3回(半年に1回)
入会費5,400円
幼児科基礎グレード代3,300円

毎月払う月謝の他に、半年に1回教材を購入します。

幼児科で使う教材は4回に分けて買う仕組みで、使いはじめる2カ月前くらいに注文と支払いをすませるようになっています。

月謝や教材費の内訳をみていこう

では、費用の大きな部分を占める月謝と教材費の内訳をくわしく説明します。

月謝

ヤマハ音楽教室幼児科コースの月謝

公式ホームページを見ると、毎月支払う月謝には施設利用料が含まれているようです。

通う教室によって異なる場合があり、わが家が通っていた教室では8,100円でした。特に内訳は記載されていないので、施設利用料がどれくらいなのかはわかりません。

初回~2回目くらいまでは月謝袋を使って現金で払っていました。

その後、口座振替の手続きが済んでからは毎月決められた日に銀行口座から引き落としで支払います。

教材費

ヤマハの幼児科では「ぷらいまりー」という教材を使ってレッスンを進めます。

「ぷらいまりー1」から「ぷらいまりー4」までを2年間で習うので、教材の購入ペースは半年に1回です。

初回だけ、教材の他に2年間を通して使う「専用バッグ」と「マグネットセット」が含まれているので金額が違い、8,208円でした。

ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材
初回に買う教材の詳細
ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材
専用バッグとマグネットセット
ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材
マグネットセットの中身

2回目~4回目は、毎回同じ教材を買うので同じ金額の5,940円です。

【教材の中身と金額(税込)】

  • ぷらいまりー(メイン教材) 880円
  • ホームワーク 880円
  • ぷらいまりーノート  550円
  • CD  1,650円
  • DVD  1,980円
ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材費
ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材
基本の教材1セット

ぷらいまりーノートはレッスン内容を親がメモしておくのに使うノート。正直買わなくても問題ありません。

ヤマハ音楽教室幼児科コースの教材
ぷらいまりーノートの中身

わたしは、ノートの後ろに書かれているレッスンガイド(練習のヒント)が興味深かったので毎回買っていました。

CDとDVDはレッスン中には使わないけれど、「曲を聞いてきてね。」「DVDで見てきてね。」と言われるのであった方がいいです。

お友達のお下がりや、メルカリなどで中古品を買ってもいいと思います。

教材費は使用を始める2カ月前くらいに申し込みをします。通っていた教室では集金袋に現金を入れて持って行くスタイルでした。


月謝と教材費以外にかかるお金はある?

月謝と教材費以外にも費用がかかります。

公式ホームページではわからない部分なので見落としがちですが、知っておくと安心です。

入会費

ヤマハ音楽教室幼児科コースの入会費

入会費は5,400円でした。

入会の申し込みと同時に、現金で支払いました。

グレード試験について

幼児科が終わるころになると、最後にグレード試験を受けることになります。

幼児科基礎グレード代として3,300円かかりました。

これは、2年間のレッスンでどれくらいのことができるようになったかを確認するテスト。指定された日に親子でテストを受けに行きます。

幼児科を終えた後にもヤマハを続けていく場合にはグレード試験を受けていくようになりますが、この幼児科基礎グレードが最初の試験となります。

おそらく、受けたくないと言えば受けなくてもよいんだろうなと思います。

だけど、幼児科の後半(ぷらいまりー4に入ったあたり)からレッスンがグレード試験を意識した内容になり、そういうもんなんだなと流れに乗って試験を受けました。

わが家は幼児科を卒業したあとも次のコースで続けているので、グレード試験はこれからもついてまわりますね。

幼児科の基礎グレード試験はいつも習っている先生以外の先生の前で歌や演奏を披露します。10分間という短い時間ですが、子どもにとって初めての試験の体験となり、なかなか貴重な経験でした。

発表会について

子どもが通っていた教室では、幼児科コースの発表会はありませんでした。

しかし、教室によっては発表会を行うところもあります。

わたしの姪が通っていたヤマハ幼児科コース(別の地域の教室です)では、発表会が1年に1回ありました。

参加費は6千円~8千円くらい。これも教室によって異なります。

発表会では一緒に出演する他のお子さんと衣装を合わせたようで、その準備費用もかかります。

まとめ

ヤマハ音楽教室の幼児科コースに2年通うと、合計で20万円ちょっとかかります。

主にかかる費用は、月謝と教材費ですね。

その他に入会費、グレード試験代、発表会(やるかどうかは教室による)などの出費があります。

実際にどれくらいの費用がかかるのか、目安にしてくださいね。

わが家は幼稚園の年長の時から幼児科コースに通いはじめました。

レッスンは親子そろって受けるし、日々の練習も必要なので親の出番も多い習い事でした。

しかし、2年たった今では両手で弾くのはもちろん、曲の移調(違う音階で弾くこと)もできるようになって成長ぶりに驚いています。

何より本人が楽しんで通っていたのがよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました