ランドセルのアウトレット商品の買い方を知って半額以下で手に入れよう!

https://remifuku.com

子育て

ランドセルのアウトレット商品の買い方を知って半額以下で手に入れよう!

投稿日:2019年2月28日 更新日:

洋服や雑貨にアウトレット商品があるように、ランドセルにもアウトレット商品があります。

名だたるメーカーのランドセルが半額以下で買えるとあって、お得度がすごいと評判なんです。

そんなランドセルのアウトレット商品について

  • アウトレットランドセルの特徴
  • 買う時に気をつけたいこと
  • 取り扱いのあるメーカー厳選3つ

をまとめました。

満足のいくランドセルを買えるように、しっかりチェックしておきましょう!

れみふく
わが家も老舗メーカーのアウトレットランドセル、狙ってます!

 

ランドセルのアウトレットの特徴

アウトレットランドセルの中身は、新作が出て生産終了となったモデルのランドセル(型落ちランドセル)や、店舗で展示されていたランドセル

1~2年前までは新作として売られていたものですから、機能としても申し分のないランドセルです。

それが半額近くで売りにだされるので、かなりお得な商品です。

売り出される時期は、新作のランドセルの発表後。

メーカーによっても異なりますが、6月~9月くらいから販売されます。

在庫限りなので、売り切れたら販売終了です。

 

買う時に気をつけたいこと

アウトレットになっている理由をちゃんと確認して、納得して買うのが一番大事!

その他に気をつけたいのはこんなこと。

  • 6年保証がついているかどうか
  • 古すぎる製品ではないか
  • 本物かどうか

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

 

6年保証がついているかどうか

ランドセルのアウトレット商品は6年保証がついているものと、ついていないものがあります。

経年劣化によるひび割れなどは保証で直せたりするので、6年保証がついていると安心感がありますね。

6年保証がついているものは、修理期間中の代わりのランドセルを無料で貸してくれるなどサービスが手厚いところが多いです。

 

古すぎる製品ではないか

何年も前のモデルのランドセルだと、機能が変わっていたり、経年劣化でランドセルが傷んでいる場合があります。

 

新モデルと機能が違う場合

例えば、ランドセルの大きさが変わっている例を見てみましょう。

近年だとA4フラットファイル対応のランドセル(幅約23.5cm)が主流ですね。

その前はA4クリアファイル対応(幅約22.5cm)のものが多く出回っていました。

その差1cmではあるけれど、多くの小学校で使われている教材の大きさに合わせてモデルが変わってきているんですね。

ランドセルは小学生の現場の状況に合わせて改良され続けているので、あまり古すぎると使い勝手が悪い場合があります。

もちろん、大きくて入らない教材は手提げバッグを使えばいいというように柔軟に対処できるなら気にしすぎる必要はないですけどね。

 

経年劣化で傷んでいる場合

長く店頭に展示されていたり、倉庫で保管されていたりするとランドセル自体が傷んでいる可能性も。

楽天市場やAmazonなどで1年中アウトレット商品を扱っているお店で買う場合は注意が必要。

ブランドの信頼性を落とすようなことはしないだろうと思える、公式ショップや正規取扱店で買うのが安心です。

 

本物かどうか

ランドセルにも偽物が出回っているそうです。

有名メーカーと表記されているのにあまりにも安い場合は注意した方がいいですね。

アウトレット商品こそ、信頼できるお店で買うのがいいと思います。

やはり、公式ショップで買うのをおすすめします。

 

取り扱いのあるメーカー

ランドセルの老舗メーカーでアウトレット商品を取り扱っているところを厳選して3つ紹介します。

  • 6年保証がついている
  • 公式のオンラインショップでも買える
  • サイトが見やすい

この条件をクリアしたところを選びました。

公式ショップが遠くて店舗に買いにいけなくても、オンラインショップでも取り扱いがあるのは嬉しい限りです。

 

「天使のはね」セイバン

セイバンは、もうすぐ創業100年を迎えるランドセルのトップ老舗メーカー。

「天使のはね」は圧倒的なシェアを誇りますよね。

セイバンのアウトレット商品は最大50%オフ

女の子向けが29種類、男の子向けが21種類用意されています。

6年保証つきなのも魅力です。

【直営店】
アウトレットショップ1店舗と、その他の直営店が全国6店舗。

【公式オンラインショップ】

 

【詳しい記事をチェック!】
>>「セイバンのランドセルのアウトレットはいつからどこで買えるの?」を読む

 

「ふわりぃ」 株式会社 協和

ふわりぃを生産している(株)協和は、昭和44年にランドセルの生産量が業界トップになるなど歴史のある会社です。

ふわりぃは平成19年に発表されて以来、多くの人に愛されているランドセル。

軽くて肌触りがソフトなのが魅力のランドセルですね。

また、柔らかい肩ベルトでランドセルの重さを分散する「ふわりんこショルダー」など背負いやすさにこだわっています。

アウトレットは最大53%オフ

女の子用は8モデル35種類、男の子用は8モデル32種類が用意され、種類が豊富なのも嬉しいですね。

 

キッズアミ

60年以上もランドセルの国内製造を続けてきたナース鞄工株式会社 が作っているのがキッズアミのランドセル。

昭和33年にランドセルとして初の文部大臣賞を受賞するなど、質の高さに定評があります。

大々的な宣伝をしていないので、知る人ぞ知る信頼のおけるランドセルメーカーなんです。

ナース鞄工株式会社が公認しているキッズアミランドセルの正規取扱店である「アウトレットランドセル専門店 Plum Bag Studio」でアウトレット商品を買うことができます。

最大70%オフ6年保証がついています。

 

まとめ

新作が出て生産終了となった途端に安く手に入るランドセルのアウトレット商品。

1~2年前のものであれば、機能もデザインもそこまで劣るものではありません。

老舗メーカーのランドセルは子どもの体のことを考えられて作られているし、長年選ばれてきただけあって機能性は抜群!

そんなランドセルを半額以下で買えるわけですから、見逃せないです!

ランドセルは背負わせてみて買うものと思われがちだけど、子どもはぐんぐん成長するので実際に使うころには体格が変わっていたりします。

最近ではネットで買う方も増えてきているようですよ。

かしこく利用して、子どもも親も満足のいくランドセル選びができるといいですね!

-子育て

Copyright© てんままらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.