転勤族のための引っ越しチェックリストはこちら>>

引っ越しする時のネット回線手続き。知っておきたい5つのコツ。

引っ越しする時のネット回線手続き。知っておきたい5つのコツ。 引っ越し

引っ越しすることが決まったら、ネット回線の引っ越し手続きもする必要があります。

モバイル回線を利用していれば機器を持ち運ぶだけで済むけれど、固定回線を使っているとそうはいきません。

  • 継続して使う時の注意点
  • 引越しを機に乗り換える時の注意点
  • 新居のネット環境を調べる方法
  • ネットの引っ越し手続きはいつやればよいのか
  • 引っ越ししてすぐにネットを使いたい

引っ越しの準備で忙しいけれど、新居でも快適なネットライフをおくるために知っておきたいことをまとめました。

スポンサーリンク

今のネット回線を継続して使うなら、移転に関わるお金をチェック

【チェックすること】

  • サービス提供エリア
  • 工事費用、事務手数料

固定回線で快適なインターネットライフを過ごしているなら、引越ししても同じ環境で暮らしたいですよね。


今使っているネット回線、条件が整えば移転手続きして引き続き使うことができます。

その条件とは、「新居がサービス提供エリアである」こと。

まずは、引越しをする先で今のネット回線がサービスを提供しているかどうかを確認してください。


次にチェックするのが、工事費用と事務手数料

継続して使う場合も、引っ越しすると光回線の場合は新たに工事費用がかかるのです!!


ドコモ光の場合を例に出しますね。

【ドコモ光の移転手続き費用】

●事務手数料 2,000円

●工事費用

派遣工事ありマンションタイプエリア内 7,500円
エリア外 15,000円
戸建てタイプエリア内 9,000円
エリア外 18,000円
派遣工事なしマンションタイプ
戸建てタイプ
2,000円

エリア内は東日本(または西日本)内での移転。
エリア外は東日本と西日本をまたぐ移転。

どこに引越しをするのか、引っ越し先がマンションか戸建てかによって料金が違いますね。


【この料金に納得できる場合】→新居の管理人に工事の許可をとり、使っているネット回線業者で移転手続きを申し込む

【納得できない場合】→インターネット回線の見直しを行う

というふうになると思います。


「ちょっと高いんじゃない?」
「どうせ工事するなら、他の会社も検討してみようかな」
そう感じたなら、引越しのタイミングで光回線を乗り換えることになります。

光回線は、乗り換えたほうがお得かも!

今使っている光回線を継続したいけど工事費用がかかるの嫌だな、と思ったなら他社への乗り換えを検討しましょう。

その時にまず確認するのは、解約時にかかる費用のこと。

光回線は2年契約、3年契約になっているものが多く、契約月の解約じゃないと解約金が発生します。

さっきと同じドコモ光の場合で見てみましょう。

【ドコモ光の解約金】

  • 契約満了月の当月、翌月、翌々月以外の解約時に解約金が発生する
  • マンションタイプ 8,000円
  • 戸建てタイプ 13,000円

運よく解約金がかからないタイミングならいいですが、転勤での急な引越しの場合などは難しいと思います。

解約金がかかるなら継続しようか…と思う前に、次に他社の新規契約のキャッシュバックキャンペーンを調べましょう。

光回線は契約期間の縛りがあるところが多く工事費用もかかるので、乗り換えるとキャッシュバックを行っているところが多いんです。

キャッシュバックが解約金よりも多ければ損はしないし、見直すことで月々の料金が安くなるかもしれません。

新居のネット環境を簡単に調べるサービスがある

今のネット回線を継続して使う場合も、他の会社に乗り換える場合も、新居で使えるネット回線を調べなくてはいけません。

地域によっても使える回線は違うし、マンションならすでに用意されている回線があったりします。

住む物件のチラシを見たり、不動産屋さんに問い合わせることである程度のネット環境はわかります。

さらに使えるネット回線を調べたい場合は、無料で使えるサービスを利用しましょう。

引っ越しNAVIでは無料で新居のネット環境を調べてくれるサービスをやっています。

引っ越し準備の忙しい時に、時間と手間をとられずにすみます。

転勤族なら、引っ越しがわかったらすぐに手続きを開始する

光回線を新居で使えるようにするには、時間がかかります。

目安としては申し込みをしてから1か月、繁忙期だと2か月かかることも!

転勤族の場合、引っ越しすることが決まってから実際に引っ越しするまでの期間が短いので、わかり次第すぐに手続きを開始したいですね。

開通工事に時間がかかる場合の対処法

早めにネット回線の移転手続きや、新規申し込みの手続きをしても、光回線の場合は引っ越したその日から使うことはどうしたってできません。


でも、引っ越ししてすぐって調べ事をしたり、オンラインで手続きをしたりとネットをたくさん使うんですよね。

開通工事までのネット環境をどう整えるか、が課題になります。

対策としては2つ。

  • スマホの通信容量を一時的に増やす
  • モバイルWiFiを一時的に使う

1か月くらいなら、スマホの通信容量を一時的に増やすことで十分対応できると思います。

2か月と長引くようなら、モバイルWiFiをいったん借りてみるのもひとつの手ですね。

どちらがいいかを判断する方法は、こちらの記事でくわしくわかります。

>>「引っ越し先でネットをすぐに使いたい!スマホとモバイルWiFiどっちがいい?」を読む

まとめ

引っ越しするとなったら、インターネット回線はそのまま使うのか、他の会社に見直しをするのかを検討することになります。

どちらの場合も必ず、手続きに必要なお金を計算してください。

比較検討する場合は、まず新居のネット環境を確認!

ここが思いのほか時間や手間がかかるので、便利なサービスを利用して引っ越し準備をかしこく進めましょう。
>>引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】

手続きには時間がかかるので、なるべく早めに済ませるようにしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました