いわきの観光・レジャー

年パス保有者が教える!アクアマリンふくしまの周辺の観光や食事どころ

投稿日:2018年12月20日 更新日:

こんにちは。

2年連続で年間パスポートを買って行くほどアクアマリン好きな、れみふくです。

アクアマリンふくしまの周辺でおすすめの、

観光スポット
おみやげ屋さん
食事どころ
子どものあそび場

を紹介していきますね!

スポンサーリンク

 

アクアマリン近くの観光スポット

思いっきりレジャーするなら、スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ

いわきの観光レジャーと言えば外せない、プールと温泉が楽しめるハワイアンズ。

温水プールなので1年を通して遊べます。

【詳しい情報をチェック】
>>「予習必須の攻略法!子連れハワイアンズのすべてまとめ!」を読む

 

景色を楽しみたいなら、塩谷崎灯台

 

その美しさで日本の灯台50選にも選ばれたことのある、塩谷崎灯台。

階段で上ることができて、灯台の中には資料展示室があります。

灯台のある塩谷岬は美空ひばりさんの「みだれ髪」の舞台となった場所。

灯台の近くには美空ひばりさんの歌碑やひばり像などある、観光名所です。

近くの薄磯海岸は、この灯台と日の出を一緒に見ることができる日の出スポットにもなっています。

 

国宝建造物の美しさにほれぼれしたいなら、白水阿弥陀堂

福島県唯一の国宝建造物が、願成寺白水阿弥陀堂。

浄土式庭園に囲まれたお寺はどの季節に行っても、その美しさを楽しむことができます。

特に、

・蓮の花の時期(7月中旬~8月中旬)
・紅葉の時期(10月下旬~11月下旬)

は、多くの写真愛好家も集まるベストシーズン!

 

アクアマリンの近くでお土産を買うなら?

ほんとに近場!ならお隣の観光物産センター「ららミュウ」

 

買えるもの

・新鮮な海産物
・福島県のお菓子やキャラクターものなどお土産全般

アクアマリンふくしまのお隣のららミュウは、複数のお土産屋さんと魚市場が集まった観光物産センター。

いわきのお土産はほとんどここで買えます!

魚市場には新鮮な海の幸がぎっしり!

かまぼこや、生ガキなどの食べ歩きができるのも楽しいですよ。

 

車で30分のマルシェでこだわりのお土産探しができる「ワンダーファーム」

 

買えるもの

・福島やいわきのこだわりお土産
・いわき名物トマトの加工品

アクアマリンから北に向かって約30分車を走らせたところにある、いわきのトマトの聖地「ワンダーファーム」。

いわきって東北の中でもトップクラスの日射量がある土地で、トマトの栽培にむいているんです。

ワンダーファームのお土産屋さん「森のマルシェ」では新鮮なトマトや、トマトドレッシング、トマトラーメンなどのこだわり加工品がいっぱい!

他にも、いわきにあるワイナリーのワインなど福島のおいしいものがたくさん売っています。

ワンダーファームはトマト狩り(要予約)やトマト料理が評判の食べ放題レストランなどもあるので、観光としても楽しめます。

 

おいしい食事や雰囲気のいいカフェはどこ?

アクアマリンふくしまの中のレストランも地元グルメや魚介メニューが豊富でおいしいですが、アクアマリンの周辺にもおいしいお店ありますよ!

海鮮を食べたいなら「うろこいち」

観光客から地元の人まで、たくさんの人に愛されるうろこいち。

味、値段ともに満足できるお店です。

座席数が多いので混雑していてもそんなに待ちません。

うろこいちの親子丼

焼きシャケといくらの親子丼 1,400円。酢飯と白ご飯から選べます。

うろこいちのちらし丼

ちらし丼 1,250円

 

カニピラフが有名なシーフードレストラン「メヒコ」

メヒコはシーフードの洋食屋さん。

茨城や福島を中心に複数店舗があるのだけど、県外から来ると初めて聞く人も多いのでは!?

いわき市内には2店舗あります。

どちらも混み合うので、週末は予約をした方がいいですよ!

 

アクアマリンから近い「メヒコ いわきマリンタワー店」

アクアマリンから近い、三崎公園の中にある「いわきマリンタワー店」では海が見える席があるなど、雰囲気もなかなかです。

 

個性的な「メヒコ いわきフラミンゴ館」

少し距離はありますが「いわきフラミンゴ館」はガラス越しのフラミンゴを見ながら食事ができる、かなり個性的な店舗です。

メヒコのカニピラフ

カニはむき身か殻付きかを選べます

 

おしゃれカフェなら、三崎公園近くの「Uluru(ウルル)」

おしゃれな店内でコーヒーやワッフルを食べてのんびりできる、ウルル。

ランチメニューもあります。

窓から見える海を眺めながらゆったりとした時間を過ごしたい時におすすめです。

地元の人に人気なので、満席のこともあります。

 

気軽にジェラート食べ歩きたい、「ベイサイドジェラート」

毎日つくりたてのジェラートを提供してくれるベイサイドジェラートは、アクアマリンの目の前のイオンモールいわき小名浜の中にあります。

アクアマリンのあるベイエリアからつながっている橋を渡ってイオンモールに入ってすぐにあるので、歩いて行ける!

お天気のいい日はジェラート食べながらのんびり海沿いをお散歩するのも気持ちいいです。

 

子どもが遊べるところはある?

室内で遊びたいなら、「わんぱくひろば みゅうみゅう」

アクアマリンのお隣の観光物産センターのららミュウには、室内あそび場のわんぱくひろばがあります。

完全入れ替え制(平日100分、土日祝日など50分)で、料金は1歳以上200円。

手ごろな料金で天候に関係なく遊ばせることができます。

 

公園で走り回りたいなら「三崎公園」

三崎公園は、広場、展望台、遊具がそろった、岬にある広い公園。

周囲をぐるっと海に囲まれているので、眺めも抜群です。

 

まとめ

アクアマリンのあるいわき市小名浜は、大型の物産センターのららミュウやイオンモールなどが並ぶいわき有数の商業エリア。

海沿いなので景色もいいし、近くには大きな公園があったりと環境もいいんですよね。

少し足をのばせば有名な国宝建造物があったり、東北を代表するスパリゾートがあったりとみどころたくさんのいわきを楽しんでくださいね。

-いわきの観光・レジャー

Copyright© てんままらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.