ハンドメイド

娘の6歳の誕生日は「アナ雪」がテーマの飾り付け。作り方を解説します。

投稿日:

毎年恒例になっている、娘の誕生日の飾り付け。

6歳になる今年は「アナと雪の女王」をテーマにしました。

  • アナ雪テーマの飾り付けの全貌
  • 飾り付けを簡単にするアイテムの紹介と使用感
  • 手作りアイテムの作り方

この3点についてまとめておきます。

イメージを固めてアイテムの準備をするまでが大変なので、参考にしていただけると手間を省けると思います。

スポンサーリンク

アナ雪テーマの飾り付けの全貌

アナ雪のお誕生日の飾りつけ

メインの部分

アナ雪のお誕生日の飾りつけ

メインの横の部分

ダイニングの一画のスペースに飾りつけをしています。

  1. 買ったアイテム
  2. 作ったアイテム
  3. もともと持っていたアイテム
  4. 飾り台について

4つにわけて細かく見ていきますね。

買ったアイテム

飾っている中で買ったアイテムは

  • アナ雪のバルーンセット
  • アナ雪テーマでオーダーしたアイシングクッキー

です。

今年は初めてキャラクターのバルーンを買ってみました。

これを飾るだけでテーマに沿った華やかな飾りつけになるので、ラクですね。

細かいレビューは次のところでお伝えしますね。

 

アナ雪のお誕生日のアイシングクッキー

ハートのスタンプで隠してあるところは、名前が書いてあります

アイシングクッキーは毎年、家の近くのショップでオーダーしています。

1か月くらいは飾っておけるし最後はおいしく食べられるので、プレゼントのひとつとして買っています。

 

作ったアイテム

アナ雪のお誕生日の飾りつけ

作ったアイテムは

  • 名前のガーランド
  • 数字の「6」のフォトドロップス

です。

「HAPPY BIRTHDAY」の文字はバルーンに入っていたので、名前だけのガーランドを作りました。

アナ雪の世界観に合うように、雪っぽくさせたのがポイント。

それから、年齢の数字のフォトドロップスも毎年恒例。

バースデーフォトを撮るのにすごくよいアイテムなので欠かせません。

 

もともと持っていたアイテム

アナ雪のレゴ

もともと持っていたアイテムは

  • アナ雪のレゴ
  • ☆のガーランド

です。

レゴは今回の飾りつけのテーマに合うので、娘の遊び場からちょっと借りてきました 笑。

星のガーランドは以前に買ったものの、使いまわしです。

飾り台について

アナ雪のお誕生日の飾りつけ

飾っている台は、家にあったものを組み合わせています。

骨組みはスツールと板を組み合わせたもの。

板は、本棚の横板(予備で余っていた)を使っています。

飾り付けの土台

高さの違うスツールを組み合わせています

これに、サテン生地とチュール生地をかけています。

レゴのお城を置く場所は、フェルトを切って雪の感じを出しました。

飾り付けの土台

 

壁はレースのカーテンで目隠ししました。

そのままでもいいと思いますが、ちょっとふわっとさせたかったので。

きれいに剥がせるようにマスキングテープの上に両面テープを貼って、カーテンを貼りつけています。

飾り付けの土台

マスキングテープの上に両面テープを貼ったところ

飾り付けを簡単にするアイテムの紹介と使用感

使ったアイテムの中で、飾りつけを簡単にしてくれたのがこの2つ。

  • バルーン
  • アナ雪のレゴ

それぞれ使い勝手をお伝えします。

 

アナ雪のバルーン

今回わたしが用意したのは、これ。

Amazonで買いました。

決め手は値段の割にたくさんバルーンが入っていることと、エルサやオラフの顔がそこまで変じゃないということ。

れみふく
海外製品だとたまにひどいのあったりしますからね 笑。

自分で膨らまして使うタイプなので、届く時はぺしゃんこになってポスト投函で配達してもらえます。

ヘリウムガス入りの浮かぶタイプも検討しましたが、なんせ値段が高いのでやめました。

ストローを入り口に差し込んで息を吹き込んで、膨らまして使います。
バルーンに空気を入れる
マスキングテープで壁に貼れば、立体感のある華やかな飾りつけになりますよ。

このバルーンセットについてくる目玉のひとつが「HAPPY BIRTHDAY」の文字

わたし、これもっと小さいと思っていたんですね。

ところが膨らましてみたら大きくって、とてもじゃないけど飾りつけのスペースに入りきらない。

苦肉の策で、ダイニングとリビングをつなぐドア(開け放して生活している)の上に飾りました。
ハッピーバースデーの飾りつけ
存在感が大きくて、娘には大好評でしたよ!

文字の上にひもを通せる穴が開いているので、糸を通して画びょうやフックで端をとめて飾っています。
バルーンに糸を通す文字バルーンを飾る

目玉のふたつめが、エルサとオラフの大きなバルーン。

オラフは飾りつけの中にディスプレイしました。
アナ雪のお誕生日の飾りつけ

エルサは大きくて、いまいちうまく使えなかったので娘の椅子に座らせて出迎えました。
エルサのバルーン

 

このバルーンセット、海外製品なのであまり期待はしていませんでした。

実際、風船が2つ不良品で膨らませなかったんですね。

ただ、お値段も安いし他は問題ない品質だったので、満足しています。

アナ雪のレゴ

アナ雪のレゴ
このレゴのセット、キラキラしていてかわいくって娘もわたしも大好きなんです。

4歳の時のクリスマスプレゼントにしたもので、遊んでいない時はずっと娘の遊ぶスペースに飾ってありました。

今回飾ったのはお城の部分だけですが、ソリやシーソーなどもついているセットなのでごっこ遊びがしやすいです。

アナ雪のレゴ お城以外の部分

この商品自体の対象年齢は6歳以上なので、これをバースデープレゼントにするのもいいと思います。

 

手作りアイテムの作り方

手作りした2つのアイテム、名前のガーランド数字のフォトドロップスの作り方を紹介しますね。

プレゼントの包装もこだわったので、解説します。

 

名前のガーランド

アナ雪テーマの誕生日の飾りつけ 名前のガーランド

6歳になりローマ字がわかるようになってきているので、今年はローマ字で名前のガーランドを作りました。

100均で買ってきた画用紙を切って貼って作ってあります。

文字の中のキラキラは、グリッター包装紙のあまった部分を活用。

セリアのグリッター包装紙

セリアのグリッター包装紙

白い画用紙で切った文字よりも一回り小さく切って、重ねて貼りました。

この包装紙、両面テープでピタッと貼れるので、切り貼りするのにも使い勝手がよかったです。

上の両端を穴あけパンチで開けて、細いリボンを通して飾ってあります。
手作りガーランドのひもを通す部分

年齢の数字のフォトドロップス

6歳の年齢のフォトドロップス 表

数字のフォトドロップスは手に持って写真を撮ると、何歳の誕生日なのかがすぐわかるのでとても便利なアイテム。

作り方は簡単で、

  1. 印刷した6の数字の画用紙に貼って切る
  2. 紙ストローをテープでくっつける
  3. リボンを結ぶ

これだけでできます。

6歳の年齢のフォトドロップス

6の数字はアナ雪のデザインになっているものを選びました。

海外のサイトの画像をお借りして、印刷したものです。

「Frozen Font」と検索すると、アナ雪デザインのアルファベットや数字がたくさん見つかりますよ!

ストローとリボンは100均のものです。

フォトドロップスをさしてあるのは、家にあった花瓶。

余った包装紙でぐるっと包んで、雪の結晶のヘアゴムで留めてあります。
6歳の年齢のフォトドロップス

このヘアゴムは、飾りつけを解体したら娘に使ってもらうプチプレゼントです。

 

このフォトドロップスを手に持って、バースデーフォトや家族写真を撮るといい記念になります。

【もっとくわしく知りたい!】

プレゼントの包装

セリアで見つけたグリッター包装紙を使ってキラキラなプレゼントにしました。

 

セリアのグリッター包装紙

53mm×100mmで100円(税抜き)です

グリッター包装紙でキラキラにした誕生日プレゼント

この包装紙、材質が薄いビニールのような感じでセロテープがくっつきにくかったのが誤算で。

なんとか留めて、リボンをぐるっとかけることで包装紙がはがれないようにしてあります。

青とシルバーの2色を買ってきて、プレゼントを包みました。

包んだ箱のプレゼントは、アクアビーズとしゅわボム。

れみふく
どっちかでよかったんだけど、安かったので2つ買っちゃいました。

それから、祖父母からのプレゼントで自動鉛筆削り器。

こちらは包装ありで注文したら色味がばっちりだったのでそのまま飾ってあります。

そして、日用品の靴下。
誕生日用にしなくてもよかったんだけど、タイミングがよかったので包装紙で包みました。

グリッター包装紙で包んで、雪の結晶のヘアゴムで上を留めてあります。
アナ雪がテーマの誕生日の飾りつけ

まとめ

今回の飾りつけは、大物のバルーンを購入したのでそれを飾るだけで簡単に雰囲気を出すことができました。

自分で作ったアイテムも、名前のガーランドと数字のフォトドロップスと、シンプルで少な目です。

家のスペースに合わせて、取り入れられるものがあったらやってみてくださいね。

 

娘の4歳の誕生日からこうやって豪華な飾りつけをやり始めたのですが、毎年リクエストがあるのでかなり喜んでもらえます。

台を覆っている布や、いろんなところに登場するリボンなど、去年の使いまわしのものもありますよ。

シンプルなものを用意しておくと、何年か使えるかもしれませんね。

ちなみに5歳の時はシンデレラ、4歳の時はソフィアがテーマでした。

毎年ディズニープリンセスでやってきていますね。

 

この飾りつけ、買ったり作ったりの準備だけすすめておいて、前日の夜に一気に飾りつけをしています。

お誕生日のお祝いの当日の朝のサプライズ、子どもにとってはすごくお楽しみになっています。

 

 

-ハンドメイド

Copyright© てんままらいふ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.